スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界樹の迷宮Ⅱ 最終回

 感動の最終回更新!

 数ヶ月ぶりに世界樹をプレイしていた。
 それというのもずっと放置していた実況プレイ動画を何気なく見ていたからだ。見ているうちにむらむらとやりたくなってきて再開。
 そして、ついに完全クリア~!!

 自分でもまさか完全クリアを果たせるとは思わなかった……。
 隠しボスたる始原の幼子は攻略WIKIを見ながら戦ったからそれほど苦労せず。
 当たり前だけどいちいちパターン調べるとか面倒だからなあ。
 倒したあとは足りないアイテムを出して全アイテム、全素材、全モンスターをコンプ。
 割とあっさりとしたENDを見た。
 いやあ長かった、長かったけどほんと久しぶりに大当たりのゲーム。
 私が完全クリアしたゲームなんて多分これだけだろう。
 RPGはだいたい正規クリアしたら投げ出しちゃうからなあ。
 いやあ満足満足。

 来週には世界樹+デビサバな外れるはずもない女神転生ストレンジジャーニーが発売となる。
 金欠だし月末にスパロボNEOが控えているが当然購入!
 またはまれるゲームであることを願う。
 あと出来ればセーブデータが複数あるといいなあ。
スポンサーサイト

世界樹の迷宮Ⅱ 第二十八回

 激動の第二十八回目の更新。

 今回の目標は三つ。
 氷竜、雷竜、へカトンケイルの条件ドロップをゲットすること。
 でもその前にまずは未消化だった一連のクエストをクリアする。
 これでイベントF.O.Eは全て発見となり、クエストもオールクリアとなった。
 後はまだ手に入れてないドロップアイテムや素材を手に入れ、隠しモンスターの鰐と裏ボスを倒せば完全クリアとなる。が、明日までにはさすがに無理だな、うん。

 さてそれではここからが本番!
 まずは氷嵐の支配者を倒しにいく。
 メンバーは前衛アデューゲッシン、後衛イズミグラチェスイクズス。
 蘇生アイテム、TP回復アイテム、攻撃力上昇アイテムなどを購入しておく。
 準備を整え、いざ一回目の挑戦!

 氷嵐の支配者が襲い掛かってきた!
 既に撃破しているのでパターンは承知済み。全体ランダム物理攻撃+スタンが痛い他はフリーズガードで無効か、補助スキルなので問題はない。
 どうやらHPが減ると氷属性の技を連発する傾向があらしいので前半を凌げば楽。
 とはいえその攻撃力は圧巻。絶えずフリーズガードを使う必要があり、フロントガードができないので物理攻撃で大ダメージを受ける。それでも氷属性の攻撃ターンで蘇生をし、立て直すことが出来る。
 うまい具合にHPを削り、最後は賭けに出た。
 防御を捨ててフリーズオイルを使った前衛二人で攻撃、攻撃!
 全体に氷属性のダメージ+即死効果のスキルを使われたが全員生存し、次のターンの攻撃で見事撃破!またも声をあげて喜んだ(笑)
 しかし一回で達成できるとは運がいいな。いや作戦勝ちか(自画自賛)


 お次はヘカトンケイル。こいつはそもそもそんなに強くないので大丈夫だろう。
 ここで普段は使ってないガルデンの出番。彼に覚えさせたトラッピングというスキルは、自分を含めた両隣のキャラに罠をかけ、Ⅰなら物理攻撃にカウンター、Ⅱなら属性攻撃にカウンターをする。
 ヘカトンケイルは物理攻撃しかしてこないのでこれは使えると判断。
 なので今回のPTは前衛アデューガルデンゲッシン、後衛にイズミイクズス。
 いざ勝負!

 ヘカトンケイルが襲い掛かってきた!
 こいつの条件は壊属性でトドメを刺すことなのでアデューのシールドスマイトで倒せば良い。
 作戦としてはアデューは基本的にはフロントガードで余裕があればシールドスマイトで攻撃。ガルデンは常にトラッピングⅠ、相手のHPが減ってきたらアイテム係。ゲッシンは死人の法を使ってからツバメ返し、HPが減ってきたら通常攻撃。イズミは回復、イクズスは変化の呪言で相手の防御力を弱体化させ、後は適度にアイテム。呪言の効果が切れたら再び使用、という流れ。
 これで特に危なくなることもなくHPを削り続け、アデューのシールドスマイトで撃破!
 あっさり条件ドロップをゲット。まあ、こいつはたいして強くないからなぁ。

 そしていよいよ最後の雷竜。
 こいつは強化枠が6つ以上になると厄介なスキルを使ってくる。なので状態異常耐性を付加するエブリコを使う以上、他の強化ができない。
 後忘れちゃいけないのがアデューを休養させ、ショックガードをとること。
 そこでメンバーは前衛アデューガルデンゲッシン、後衛はイズミイクズスで挑戦。
 が、ガルデンがフロントガードありでも一撃で屠られてしまうのでへカトンと同じ作戦は使えなかった。そりゃレベル47でHPが500以下じゃ無理もないか。
 さっそくメンバーチェンジ。ガルデンのサルトビに。
 これで何度か挑戦したのだが、負けてしまうこともあれば、勝てるけどイクズスが生き残れず条件を満たせなかったりと、中々うまくいかず難航した。
 そこでできれば使いたくなかった手段、フォーススキルに頼ることにした。もう面倒で。
 準備としてアクセラⅡ(フォースポイントを50ためる)一個、アクセラ(30ためる)を数個買う。
 雑魚敵を倒してアデューとサルトビのフォースをためたらいざ挑戦。

 雷鳴と共に現る者が襲い掛かってきた!
 1ターン目はブレスなのでアデューはショックガード、サルトビはさっそくオールボンテージ、ゲッシンはツバメ返し、イズミはエブリコ、イクズスは変化の呪言。
 2ターン目は全封じ状態なので攻撃が無効化されている。このチェンスにアデューはシールドスマイト、サルトビはエクスタシー、ゲッシンはツバメ返し、イズミはアクセラⅡをサルトビに、イクズスはアクセラをサルトビに。
 3ターン目、既に腕封じが解けてしまったのでアデューはフロントガード、サルトビはアームボンテージ、ゲッシンはツバメ返し、イズミはエリアフルヒール、イクズスは防御。
 4ターン目、アデューはフォース全力防御(だったかな)を使用、これで全ての攻撃を無力化できる。サルトビは再びオールボンテージ。残りの三人は同じような行動。
 5ターン目以降は隙あらばアデューも攻撃に参加するが、基本的には縛り箇所に応じたガードスキルを使い、サルトビ・ゲッシンで削っていく。折りを見てイクズスが変化を使い、効果が切れるターンがないように配慮する。
 HPが残りわずかになったら防御を捨てて前衛三人はひたすら攻撃!
 後衛二人は倒れ、前衛三人のHPも残りわずか、絶望が押し寄せる……だからこそ攻めるんだ!
 決死の総攻撃により雷属性付きの通常攻撃で撃破ァー!!!
 一番苦戦した相手だったが無事に条件ドロップを手に入れた。
 これでF.O.Eの条件レアドロップは全て回収。
 いやあ、世界樹はほんとに熱い戦いができて楽しい。明日発売のセブンスにも期待だな。

 これで残すところは雑魚で取りこぼしている条件ドロップと裏ボス、隠しモンスターの鰐のドロップが二つ、採取系が幾つかというところ。
 全モンスターを発見し、全ドロップを手に入れたら後は武器防具アクセサリーに必要なアイテム、その個数を調べて狙い打ちにすれば集まるだろう。
 明日までには無理としても完全クリアが見えてきた!
 ま、大変なのはここからだけどね……。
 鰐さんは採取系の時のああっと!でしか出ない、しかも確率は低い、出ても先制で全滅させられるほどの強敵らしく、とてもスムーズにいくとは思えない。
 裏ボスもパターンを把握していて必要なスキルをそろえないとまず勝てないらしい。
 多分ここで諦めて投げ出すかな、うん(笑)
 とりあえず(多分)残り二回、こうご期待!!

世界樹の迷宮Ⅱ 第二十七回

 情熱の第二十七回目の更新。

 今回はヘカトンケイル討伐と火竜のレアドロップゲットを果たした!
 まずヘカトンケイルのほうだがこちらはあっさりしていた。
 クエストを受けると28階の隠し通路の先にいることが判明した。
 だが私は隠し通路を見つけることができず、これの関連イベントでレンジャーが通路を見つけたことからレンジャーがいないといけないのでは、と変な勘ぐりをしてレンジャーをつれて探していた。
 だいたい調べたはずなのに見つからない、そこでもう一度マップを見る。
 と、右側のほうに細い空きが。もしかしてあそこか?
 そう思っていくとビンゴ。ワープポイントがあった。
 ここのワープは特徴的で今までの冒険に絡んだ問題が出され二択で答える。
 正解でも不正解でもワープはするが不正解だとメンバーの一人のHPが1になるというもの。
 それを三回ほど繰り返すとようやくヘカトンケイルのもとに。
 レンジャーをつれているので本調子じゃないが様子見と思い戦いを挑んだ。

 ヘカトンケイルが襲い掛かってきた!
 腕のいっぱいある巨人といったところか。
 どうせ様子みだからとアデューも殴りに加わり、サルトビは腕縛り、ゲッシンはツバメ、イズミは適度に回復、イオリはレベルを上げてアザーズステップ(指定したキャラを一番目に行動させる)を覚えていたのでこれとアイテムで補助。
 ヘカトンケイルの攻撃はどれも物理攻撃で全体攻撃だったり、単体だったり、状態異常の付加がついていたりするが竜たちのブレスとは違い、対策しなくてもあまり死なない。
 どうせ負けるだろーと適当に戦うこと30ターンくらい。
 腕縛りが効きやすく、効果も長持ちだったこともあり、なんと一回目で勝利してしまった。
 なんという呆気なさ。こちらはイオリがいる状態だというのに。
 本調子ならもっと楽に勝てるな、うん。
 ともあれ、これで裏ボス以外のボスF.O.Eは撃破した。満足満足!

 続いてはなんとなく竜たちのレアドロップを狙ってみた。
 まずは雷竜。ブレスは耐えられるだろうから大丈夫だろう、そう思っていた時期がありました。
 あっけなく開幕ブレスで半壊し、立て直すまでもなく死亡。やっぱりガードは必須か。
 すかさず諦めて、安定して勝てそうな火竜に挑戦。
 初めは強化打消し、バステ耐性、状態異常回復などのアイテムをたくさんもった、前衛アデューサルトビゲッシン、後衛イズミイクズスで挑戦。火属性でとどめをさす必要があるので当然ファイアオイルも持っていく。
 一回目いきなり安定した戦いぶりをみせ、残りHPわずか、変化の呪言の効果持続中、ファイアオイル付き二人という状態まで持っていった!
 最後にHPを削ろう、そう思った己のチキンっぷりを呪うしかない……。
 あろうことかオイルをつけてないサルトビの通常攻撃でとどめをさしてしまった。
 耐えろ、そこは耐えろ!思わず声を出して叫んだ。
 それから数回挑戦するもうまくいかず敗北、勝てそうでもレアは無理という状況に。
 ここでアイテム作戦を切り捨てて、もっと安定した方法をとることにした。
 アイテムは状態異常回復と攻撃力強化、ファイアオイルのみにして、メンバーを前衛アデューゲッシングラチェス、後衛イズミイクズスにした。
 強化打消し、弱体打消し、状態異常耐性をグラチェスに任せ、アイテムで強化したゲッシン一人がアタッカーとなり、アデューは必要ターンにファイア、残りは攻撃せずずっとフロントガード、イズミは当然回復をし、イクズスは攻撃力低下スキルと変化の呪言でサポートする。
 今更知ったのだが呪言をすれば物理防御も弱くなるらしい(耐性があるのかな?)
 おかげでゲッシン一人でも900近いダメージを出せる。
 守りは万全なので中々崩れないが、後半攻撃が激しくなるとアデューゲッシン以外は一撃のもとに屠られ、蘇生されてもすぐ死んでしまう状況が続いた。
 そこで完全に防げるブレスターンの1ターン前に蘇生し、ブレスターンで立て直す作戦を思いつく。
 これがうまくはまり(運も絡んだが)、ブレスの1ターン前に蘇生、ブレスターンにオイル使用と変化の呪言を使う。敵のHPも残りわずか、これでいける!
 賭けに出てオイルつきのアデューゲッシンは通常攻撃、残りは防御か補助に回る。
 だが一回目とは違い倒れそうで倒れない火竜!竜の意地を見せる!
 しかし天は私の味方だった。
 運良く火竜は自分の攻撃力強化を続けてやってくれたのでこちらに被害は出ず、何度か通常攻撃を決めることができ、そしてついに……。
 火竜の牙(条件ドロップ)をゲットォォォ!!!
 ついでに全員生存!!!
 あまりに嬉しく、思わず声を出して喜び、ガッツポーズをしてしまった。
 年甲斐もなく恥ずかしい(笑)
 でもこれこそこのゲームの醍醐味だろう。
 ボスを倒してこんなに嬉しかったのは久しぶりだ。記憶にないくらい。
 テンションが上がったところで、暇だったので引き続きゲーム続行。
 あとは採取採掘伐採メンバーでひたすら素材集めをしていただけだが。

 いやあ、でもやれば出来るものだ。
 WIKIの攻略に頼らずとも自分なりの攻略法で。
 変化の呪言は、まあないとどうしようもないからいいじゃないか。
 さて次は氷竜のレアドロップを狙うぞ!
 こちらはかなり厳しいと思うが。
 セブンスまで残りわずか、はたして間に合うか!?

世界樹の迷宮Ⅱ 第二十六回

 素顔の第二十六回目の更新。

 29階の道を開いたのでひとまずクエストを消化する。
 一連のクエストを進め、偉大な赤竜のクエストを発生させた。
 この関連のクエストで、今までずっと鉄仮面で顔を隠していたギルド長の姿を明らかに。
 美しい大人の女性だった。その割に一対一で赤竜と戦って生き残れるし、五階層の敵相手に無傷で負傷したギルドをかばい続けるなど、チート的な強さを発揮している。
 しかしそんなギルド長も赤竜に勝つことはできない。
 そこで我らがアースティアの出番!
 メンバーは前衛にアデューサルトビゲッシン、後衛にパッフィーイズミ。
 アデューには当然ファイアガードを習得させている。
 いざ尋常に勝負、勝負!

 偉大な赤竜が襲い掛かってきた!
 例の如く開幕ブレスと読んでアデューはファイアガード。
 後はほかの竜と同じ。サルトビは基本腕封じを狙い、フォースがたまったらオールボンテージで全箇所縛り→エクスタシー、ゲッシンはツバメ返し、パッフィーは核熱でひたすら攻撃。
 イズミはレジストデッドをかけてからは様子を見ながら回復蘇生。
 ブレスのターンを間違えないことと、封じがどれくらい決まるかでだいう左右される。
 今回は封じがうまく決まり続けてくれたのでわりと安定して撃破!
 無事に逆鱗も手に入れた。
 他の二竜と違った赤竜は一回目で勝てたなあ。ちょっとあっけない、かも。
 ま、みんなレベル70(71)だし、当然か。

 残り逆鱗が氷竜一匹なのでベストメンバーで狩りに行ってきた。
 前衛アデューサルトビゲッシン、後衛イズミグラチェス。
 変化の呪言葉からのレアドロップを狙わなければ安定して勝てる。
 こちらも運良く縛りがよくきいてきれたので簡単に勝利、最後の逆鱗ゲットだぜ!
 三つの逆鱗が揃ったことにより「真竜剣」なるものが売り出された。
 高い攻撃力はもとより、なんと全能力+20!
 すごいチート性能。さっそく買ってアデューに装備。
 アデューはフォース貯まりやすくてもあまり意味がないので、ファースのたまりやすいドラグヴァンデイル(だったかな)はサルトビにあげることにした。
 これで残すボスは二体、隠しボスとクエストボス。
 まずはクエストボスの出現を目指し、クエスト消化。

 途中でレベル50のレンジャーを連れてくるクエストが発生、仕方なくイオリのレベルをあげた。
 これをこなしたらいざボスクエスト!と思ったのがまだでない。
 WIKIで調べたところで30階に到達しないといけないらしい。
 ということで消化できるクエストは全部消化したので次からは29階の探索。
 そして30階に到達したらまずは最後のクエストボスを撃破しにいこう。
 セブンスまでに間に合うかかなり微妙だが、はたして。

 キャラの掛け合いをしてないが、どのみちこちらを見ていて、かつリューナイトも世界樹も知っている人は少ないだろうから最後の最後で放棄しました(笑)
 でも自分のモチベーションを保つのには良い手段だった。

世界樹の迷宮Ⅱ 第二十五回

 ちょっぴり進んだ第二十五回目の更新。
 ふと三十回目が最終回になるようにしようと思った。

 今回も引き続き27階の探索から。
 埋める必要もないのだけれどちまちまマスを踏んで27階を踏破した。
 次は29階への階段を探して28階の探索。の前に違うことをやる。
 動画を見ていたらサラマンドラの条件ドロップ入手がまだで、そろそろ取れるだろうということに気づき急遽サラマンドラ狩りに。
 メンバーは前衛アデューゲッシン 後衛パッフィーイズミイクズス。
 サラマンドラの条件は「火属性で倒す」ことなのだが、火の化け物だけあって火の耐性を持っている。このまま条件を狙うのはかなり厳しい。そこでイクズスの出番。
 変化の呪言というスキルを所有し、これは敵の相性値を変化させる、というもの。これだけではなんのことか分かりにくいが、敵の耐性を弱点に変化させる、といえばわかりやすいかな。
 サラマンドラに使えば火の耐性が変化し、弱点が火になる、というわけ。
 これがあればだいぶ倒しやすい。 
 無事に変化→火の術式の流れで倒し、条件ドロップゲット。
 最強クラスの銃を手に入れた。

 寄り道をしたところで28階の探索に入る。
 メンバーは前衛アデューサルトビ 後衛:パッフィーイズミカッツェ。
 カッツェにはさっそく最強クラスの銃を買って上げた(攻撃力だけなら売れない銃のほうが強いが、こちらはフォースポイントが貯まりやすいのでお得)
 さくさく進み、新たに降りる階段を発見。そこから降りた先に調べるポイントがあり、これを調べると28階中央の開かずの扉が開くようになる。さっそく28階に戻り、扉の先へ。
 案の定階段があって29階に到着。少しだけ先に進もうと思ったら翼人の長が現れ、凶暴な魔物が下層に下りている、街が危ないと教えてくれた。なので一旦街に戻る。
 特に会話に変化はなく、一階にいってみると衛士と会い、強敵が出現したことを知る。
 マップに出現した三体のイベントF,O,Eを倒し、改めて29階に進めるようになった。

 探索はここで打ち切り、今度は氷嵐の支配者の通常と条件ドロップを狙いにいく。
 三匹の竜たちもサラマンドラと同じで耐性のある属性でトドメを刺すことが条件。
 イクズスの出番なので連れて何度か戦ったが、ダメだった。
 一度はかなり惜しいところまでいったのだが、フリーズガードを忘れるという失態によりあえなく全滅。イクズスが変化以外にやることがなく、その分攻撃役が減るのがとても痛い。
 これはまだ無理だとひとまず諦め、腹いせにボスを狩りにいって今日のところは終了。
 次は29階の探索か、あるいはクリアできるけどまだクリアしてないクエストの消化のどちらか。
 クエストの消化からやろうかな。
 このまま行けばセブンスドラゴン発売日前に裏ボスと対面することができるだろう。
 倒せるかどうかは怪しい。完全クリアはもう間に合わないなあ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。