スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパロボW制限プレイ 第十五回

第27話-そして、終わらない明日へ-
 いよいよ第一部最終話。使うのは当然、スターガオガイガー。一応余っていた月面三人娘と砲戦ガイを使う。
 一機でクリアできるのかはやってみないとわからない。とありえず武器をフル改造。
 フル改造ボーナスはEN-20%を選択。資金が一機に19650に……もったいない。
 パーツはどれも変わらない気がするが、なんとなく超合金ZとENメガチップを選択した。
 さらにもったいないことに、インファイト+1×8を習得させる。

 3PPかゾヌーダのHP70%以下でガオガイガーが来るのだが1ターンに一機減るので余っていた奴らの出番はほとんどなかった。
 リョーコとイズミの対艦ミサイル一発しか当てることができなかった。それでもイズミ、ユリカの脱力が使えたのでよしとしよう。
 闘志ヘルアンドへブンを当てられるだけ当てたが3000くらい残ってしまった。
 しかしこれはやりようではクリアできるのでは、とやり直す。

 ナデシコにドライデント焼きと火星丼一つ、イズミに火星丼二つを装備。リョーコにメガブースターと高性能レーダー、ピエロの仮面、ヒカルにブースター二つを装備。
 まず開幕から脱力×5。少しでも削れるかと思ったがやりかたが悪いらしく意味がなかった。結局一騎打ち。
 うーむ、結局無理だった。そこでちょっとだけ制限解除。

 使用済みユニットの出撃を許可。ただし攻撃精神使用は禁止。つまりは弾避け。
 月面三人娘が生き残るまでリセットするしかなさそうだ。
 月面三人娘とガイ以外は適当に選んでおき。あとはゾヌーダの移動先に先回りし、攻撃準備。
 上の通り、三人娘が除外されたらリセットしてはじめからやり直し。これがギリギリの制限解除かな。
 運良く一度目で狙われずに済んだ。攻略は以下の通り。

 PP
 脱力×5
 闘志ヘルアンドへブン+ヒカル対艦ミサイル
 ヒカル対艦ミサイル+リョーコ対艦ミサイル
 リョーコミサイル+イズミ対艦ミサイル
 EP
 反撃イズミ対艦ミサイル
 PP
 脱力
 闘志ヘルアンドへブン
 EP
 反撃闘志ヘルアンドへブン
 PP
 闘志ヘルアンドへブンで無事撃破!

 フル改造+インファイト8で単機無理なら熱血なしにはどうやったって無理そうだ。
 逆に熱血があれば余裕。この制限ではギリギリのクリアかな。
 出撃させた以外は何もしていないし。まさか使わなかった月面がここで役立つとは。
 最後まで三人娘に助けられた。後なんだかんだほとんどユニットは余らなかった。
 これにて第一部クリア。
 
 使用機体:スターガオガイガー、月面リョーコ、月面ヒカル、月面イズミ、砲戦ガイ
 総ターン:534 資金:47150



あとがき
 最後のこれは自分なりに満足行く結果かな。
 最低限の解除で済んだ。
 まー、元をたどれば、ガイが熱血を覚えるように事を運ぶ、というのが大事なのだろうけど。
 見切り発車だったのでそこまでは考えられなかったよ。
 いや、見切りじゃなくても考えなかったとは思うけど……。
 とりあえずこれにいて一旦休止。
 第二部もプレイしているけど、クリアの見通したつか完全に断念するまではお預けとします。
 序盤だというのにさっそく詰んでるしね。やり方次第で抜けられそうだからまだいいけども。
 なんらかの理由(完全に詰んだ、飽きた等)で断念した場合はそこまで再開します。
 で、ダメだったところでダメだったことを発表(ぉぃ)
 なのでしばらくはお休みということで。

 俺たちの戦いは、これからだ! みかん
 ノベル先生の次回作にご期待ください。
スポンサーサイト

スパロボW制限プレイ 第十四回

第26話-勇気ある戦い-
 最終決戦。温存していた超竜神たちを……ってイベント合体だと!?
 くそ、ちゃんと調べればよかった……超竜神たちを無駄にした。
 凹んだが、今更仕方がない。起用するのはキングジェイダー、幻竜神、強龍神、マイク、グレート(新)、ビューナスA、空戦アキト、ダイテツジン、ナデシコY、そしてヴァルガード。スターは次に使う。

 改造、パーツは以下の通り。
 キングジェイダー:ENフル、装甲フル、超合金Z、メガブースター
 幻竜神・強龍神:ENフル、装甲4段階、チョバム、ENチップ
 マイク:ENフル、チョバム、アポジモーター×2
 グレート(新):ENフル、装甲3段階、超合金Z、パワーエクステンダー
 ビューナスA:ブースター×2、リペアキット
 ダイテツジン:ENフル、ハイブリット、ENメガチップ
 空戦アキト:スラスターモジュール、高性能レーダー
 ナデシコY:ハイブリットアーマー、プロペラントタンク
 Jに援護攻撃を習得させた。

 攻略のほうだが今回は二部隊に分ける。
 勇者ロボでゾンダーとオリジナルの相手をし、残りは背後に現れるイバリューダーの相手。
 まずヴァルストークを左側に逃がし、勇者ロボは突撃。このときマイクは少し離しておく。
 残りはその場でイバリューダーの迎撃体勢を取る。一度全軍突撃をやったら挟み撃ちでひどいことになった。
 このマップの特徴として勇者ロボは毎ターンHPENが全回復、イベントまでランダムで味方のHPが半減になる。
 この半減がきつく、ゾンダーのHPが多いので勇者ロボ以外で相手をするのは自殺行為。実際一度目はこれで失敗した。
 アリアは倒してもうまみが少ないので無視してゾンダーを撃破していく。
 3EPにイベントでオーガン、イバリューダーが出現。ラングはZマスター撃破で撤退だが倒しにいく。
 オーガンは今回NPCでなく操作キャラなので様なし。援護の引き出し役くらいにはなってもらうけど。
 Jが指定ポイント到達でZマスター出現とHPダメージがなくなるのですぐさまポイントに向かう。
 指定ポイントに到達するとヴァルガードに合体し、アリアは撤退。ダメージイベントがなくなり、楽になる。
 Zマスターが出現するがとりあえずは放置してゾンダーを排除を先に行う。

 ヴァルガードが使えるといってもカズマのレベルは7……一気にあがるから大丈夫大丈夫。
 ラングが凄い強敵だった。避ける耐える当てる強い、ダイテツジンとエステの連携攻撃、グレートの必中でどうにかHPを削っていく。
 最後はダイテツジンの必中重力波砲で撃墜。下の部隊は疲労困憊なのでZマスターは勇者無敵ロボ軍団に託す。
 ゾンダーを掃討したらZマスターとの決戦。
 Zマスターは横三マス縦十マスの超広範囲MAP兵器を持っている。だが勇者ロボ軍団なら当たっても問題ない。

 攻略は以下の通り。
 ディクスX(装甲30%ダウン)+アンク・アタック
 アンク・アタック+バーニングハリケーン
 バーニングハリケーン+サンダーブリザード
 マキシマムトゥロン+ジェイクォース
 ジェイクォース
 で次のPPに
 ディスクX+アンク・アタック
 マキシマムトゥロン
 クロスプロトンパニッシャー+ジェイクォース
 でトドメとなった。第一話以来活躍のなかったカズマが、事実上の最終話で奇跡のトドメ。
 計画していたわけではないがなんともドラマチック。
(攻略本流し読みだったのでヴァルガードが使えることをすっかり忘れていた)
 
 使用機体:幻竜神、強龍神、キングジェイダー、マイクサウンダース13世、ナデシコY、空戦アキト、ダイテツジン、グレート(新)、ビューナスA
 総ターン:529 資金:379650



あとがき
 いやあ、このマップはさすがに厳しかった。
 一回目は全軍突撃→イバリューダー登場→強化ゾンダーとイバに挟み撃ち→ゾンダーに削られた後、ラングのMAP兵器で一掃→がめおべら。
 勢いだけじゃだめだってことを今更痛感させられた。
 そしてにしても弾丸Xといい、ザ・パワーといい勇者はチートすぎるなぁ。
 命を賭けた切り札のはずなのだが、どっちにしろ生き延びしてしまうしね。
 物語的に仕方がないといえばないのだけど。
 勇者シリーズは好きだし、勇者王も好きだけど、勇者王はこれが正直くどかったな。
 何度絶体絶命→切り札→限界を越えて……→でも復活、を繰り返すのか、と。
 熱いのも勢いも好きだけど、それ一辺倒じゃ飽きるのさ。

 さて本当の第一部最終回はそんな勇者王の話。いいとこもってくよなー。
 はたしてスター一機でクリアできたのか?
 こうご期待……はしないほうがいいかも。

スパロボW制限プレイ 第十三回

第25話-木星決戦!超重力の罠-
 第一部もこれを含めて残すところわずか三話。ユニットが余っているので大盤振る舞いでいこう。
 使用機体は真ゲッター、Xエステバリス、月面アカツキ、陸戦ガイ、ブレードを選択。
 改造は真ゲッターのENをフル、装甲を5段階、XのENをフル改造。
 パーツは真ゲッターに超合金Zとハイブリット、Xにパワーエクステンダー、ハイブリット、ENチップ、月面アカツキにカートリッジ、チョバム×2、陸戦ガイにスラスター、高性能レーダー、ENチップ、ブレードに大型ジェネレーター、アポジを装備。
 初乗り換えはヒカルを選択し、援護攻撃+1を習得させる。

 数ターンするとイベントで強制移動させられ、移動不能になる。それまでその場で待機。
 イベントが起きたらその場で適時迎え撃つ。というよりそれしかできない。
 途中原種が出てくるが気にしない。まずはガルラの相手に専念。
 うまくXの前に固まってくれたのでマップ兵器で一掃。次々と撃破していくが、原種の攻撃が痛い。
 6PP、念願のザ・パワーにより気力全開、移動が可能になる。
 とりあえず不要なのを搭載して戦艦はダッシュで逃げ。原種はブレードに相手をしてもらう。
 ブレードが原種の足止めをしている間にガルラを始末する。SPに限りがあるので速攻が大事。
 援護陣形を組んで戦艦のHPを削る。ギリギリまで削ったらXのマップ兵器でまとめて資金に。
 ゲッターがオープンゲット無双をしてくれたおかげでだいぶ楽に削れた。さすがだぜ。
 何機か取りこぼしたがシンクラインを撃破するとガルラは撤退。三隻同時幸運撃破でうまうま。

 さて一人で頑張ってくれたブレードと一緒に次は原種を叩く。
 ただあんまり固まるとマップ兵器でこちらが叩かれるので注意すること。
 なんとか三種類のMAP兵器から逃れるように布陣をひき、援護を駆使して一気にけりをつける!
 真ゲッターとガイのスーパーコンビの破壊力が光る。ユニット残しておいてよかった……。
 最後に残った腕原種との決戦。月面Xの長距離コンビと真ゲガイの近接コンビを別々に、MAP兵器に巻き込まれないように配置。
 あとは全力で叩くのみ!

 流れとしては、
 ボルテッカ+ゲキガンフレア
 ゲキガンフレア+ゲッタードリル
 ストナーサンシャイン
 の順で攻撃。遠距離組みはひらめきを使って反撃のMAP兵器を避ける役目。
 これでHPを削り、真ゲッターの幸運努力ストナーサンシャインで撃破!
 原種がかなりの強敵だったけどなんとかクリアできた。
 いよいよ次が事実上第一部最終話。

 使用機体:真ゲッター、Xエステバリス、月面アカツキ、陸戦ガイ、ブレード
 総ターン:514 資金:553050



あとがき
 ラストは厳しい展開だったので一話ずつの更新となります。
 第二部からも恐らく一話ずつかな。
 見返してみると一回の更新が長すぎるなと(苦笑)
 新しい様式での更新は第二部からとなりますのでご了承ください。

スパロボW制限プレイ 第十二回

第23話-終わらない円舞曲・終幕-
 五飛を殴り続けてお金を稼ぐMAPこと、Wステージ。
 なので今回起用するのはウイングゼロとトールギスⅢ。
 強敵は五飛しかいないが増援が沸き続けるので出来るだけ倒したいところ。
 ターン経過でクリアなのでどこまで効率的に倒せるかが鍵。
 IMでゼロのENをフル、運動性を3段階、トールギスⅢのENをフル、運動性を3段階改造。
 パーツはゼロにパワーエクステンダーとスラスター、トールギスⅢにENチップと超合金Z、戦艦にプロペラントを装備しておく。
 ヒイロにヒット&アウェイを習得させて攻略開始。

 攻略といっても戦艦を敵の射程外に退避させ、あとは二人が突撃して蹴散らすだけ。
 出来るだけ一撃で倒せるトーラスを倒し、サーペントは後回しにする。
 ヒイロはかなり避けるので突貫し、コロニーを占拠。ゼクスはまわりの露払い。
 敵が集まったところでローリングバスターライフルで掃討する。うまうま。
 6PPにイベントが起き増援が止まる。また五飛撤退。
 雑魚を倒してクリア。うーん、改造もったいなかったな、まあいいか。
 
 使用機体:ウイングガンダムゼロ、トールギスⅢ
 総ターン:461 資金:357190

第24話-それぞれの『自分らしく』-
 ナデシコ決戦MAP。今回は空戦三人娘+月面アキトを使う。
 改造は特になし。パーツは月面アキトにカートリッジを二つ装備。
 リョーコ機にパワーエクステンダー、高性能レーダー、超合金Z、ヒカル機・イズミ機にENチップ、ハイブリット、チョバムを装備。

 このステージでは遺跡到達でクリアだがかぐらづきを倒すことで二部で機体が増えるので撃破を狙っていく。
 名前つきは無限回復なので一回だけ撃破し、あとは放置する。
 元一郎、三郎太を撃破したらかぐらづきとお供の戦艦を三人娘に任せ、アキトは弾数を回復させて南へ。こちらに敵が出てくる。
 時間はかかるが負ける要素はないのでかぐらづきをじっくりいたぶり撃破。
 イベント発生後ガルラが出現するが敵ではない。というかアキトが勝手に移動した、ちくしょう。
 ついでに時空の彼方からガイが復活する!まだ砲戦、陸戦、月面の出番が残っている。
 適当にフルボッコにしてクリア。ほんとエステは強い。

 売却:BP+1、スナイパースコープ×2
 使用機体:空戦リョーコ、ヒカル、イズミ、月面アキト
 総ターン:494 資金510470



あとがき
 そろそろ第一部クリアが見えてきた、というところでアンケートを実施。
 どれだけの人が見ているかは定かじゃないが、興味があったらコメントしてください。
 第二部からレポートの書き方を改めようかと考えているのです。
 これだと大雑把すぎるのかな、と。
 それで読んでいただいている方から「こういう部分は書いてほしい」ですとか、「あらすじがほしい」ですとか、何か要望があれば教えていただきたいです。
 答えられるかは分かりませんが、出来るだけ善処したいと思っていますので。
 自分でもこのレポートはどうなのかなあ、と思う部分があります(苦笑)
 なので遠慮なくいってください。

スパロボW制限プレイ 第十一回

第21話-送られてきた刺客-
 タイトルの意味にあうのは前半のみなマップ。
 今回はウルズチームを起用。
 IMでアーバレストのENを五段階、運動性二段階、武器を三段階改造。
 マオとクルツはENのみ五段階改造して合体攻撃に備える。
 パーツはアーバレストに高性能レーダーとカートリッジ、マオ機に超合金Z、チョバム、パワーエクステンダー、クルツ機にENチップ、ハイブリット、チョバムを装備。

 前半はブレードとアックスの決闘。勝ち目がないのでひたすら逃げる。
 本番は後半戦。

 後半は月面決戦。右上に基地があるのでウルズチームをヴァルストーク搭載して右上を目指す。
 アリアが参戦しているが死ぬとゲームオーバーで今回は無敵じゃないので使わない。
 基地にウルズチームを置いたらヴァルストークは全力で退避。
 マオの指揮地形効果信頼補正でアーバレストは被弾率0%。よほど変な行動をしなければ負けはない。
 すぐ弾切れになるがお構いなし。合体攻撃で沈めていく。雑魚を全滅させたら休憩タイム。
 ENを回復し終えたら合体原種に一発攻撃を与えてイベントを発生させる。
 ZX-06が登場したらすぐに月面基地に引きこもり迎え撃つ。こいつを倒さないと合体原種にダメージが与えられない。
 ある程度HPを削るとラダムが基地の近くに出てくる。特に問題はない。ついでに月面アキトも登場。
 ZX-06を撃破すると色々イベントが起きるけどすっとばす。とりあえずまずは雑魚の殲滅から。
 雑魚を殲滅したらENを蓄えていざ決戦。一度も使ってないSPを全開にし、一気にけりをつける!
 結果、壮絶な運ゲになり、幾度となくやり直すはめに……。
 こちらの総ダメージがあちらのHPを回復をわずかに上回る程度だった。
 そのために援護を駆使し絶えずダメージを与え、ENが低いクルツを頻繁に戦艦で搭載し回復。
 マオ、クルツをかわるがわる搭載回復出撃援護合体搭載……これをひたすら繰り返して地道にダメージを与えた。
 途中何度も撃破され、やりなおすはめに。その度に位置や弾数を工夫してなんとか撃破にいたった。
 この三体を残しておいてよかった。これより楽な方法はエステ三人の合体攻撃くらいだろうなあ。

 使用機体:アーバレスト、カーンズバックマオ機、クルツ機
 総ターン:430 資金:403030

第22話-やってきた『遠い同胞』-
 ナデシコルートを選択。使うのは砲戦三人娘。
 IMで三機とも武器を三段階改造。
 パーツはリョーコ機に超合金Z、ハイブリット、サーボ、ヒカル機にハイブリット、チョバム、高性能レーダー、イズミ機にチョバム×2、スラスターを装備。

 ナデシコはYユニットに換装中ですぐには出撃できない。ENサポートを受けれないが、月面基地があるので問題なし。
 初期配置は傭兵のみ。寄ってくるやつらを片っ端らから打ち落とすだけ。
 3PPにアキトがXバリスでしゃしゃりでるので回収。
 難なく初期配置の敵を全滅。負けろというほうが難しい。続いて本命の木連が登場する。
 敵出現の次のPPにナデシコたちと敵が左に登場。
 バッタは群れたところをMAP兵器で一掃する。
 九十九を倒すとクリアなのでそれ以外を倒す。
 元一郎と九十九のトドメはヒカルの応援幸運感応フォーメーション。最後だけ必中あれば十分だもの。
 ボソンジャンプで手間取ったが負ける要素が皆無だった。三人娘強すぎる。
 残すところは月面と空戦か。十分だなー。

 売却:対ビームコーティングS、支援要請+1、底力+1
 使用機体:砲戦リョーコ、ヒカル、イズミ
 総ターン:453 資金:428750



あとがき
 今25話まで来ているのだが、やはり26話が厳しい。
 いっそユニットを余らせて勇者たちに資金をつぎ込んだほうが楽にクリアできそうだ。
 となると余る奴らが可哀想。
 ちなみに更新時に分かるがある重大な悲しいミスをしている。
 これがなければもっと楽になっただろうに……。
 ちゃんと攻略本は読み込んでおくべきだね、うんうん。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。