スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビューその3 セブンスドラゴン

 久々のレビューを某大手レビューサイト風に。
 点数はそれぞれ5点満点。
 総合は100点満点。

オリジナリティ 3点
 なつかしのRPGを目指した、らしいので特にオリジナリティは感じない。
 シンボルエンカウントとランダムエンカウントの複合、スキル割り振りなどは世界樹シリーズと一緒といってもいいくらい。
 ドラゴンの残数が表示されていて、倒すたびに減っていくのが分かる、というのはオリジナリティを感じるかな。目に見えて「よし減っているぞ」っていうのが分かるのは好きな人にはたまらない、そう、私のように。ついついきりのいい数字まで倒しちゃおうと頑張ってしまう。

グラフィックス 3点
 ゲームをする前の情報ではチビキャラがあまり好きになれなかった。
 だけど動いて見ればわりとかわいいなと思えた。スパロボの動いている時と立っている時の差に似ている気がする。
 敵のグラフィックは正直微妙。
 中にはかっこいい奴もいたけど。カブテリモンとかね。
 全体的に雑魚が微妙で、使いまわすのは仕方がないが比較的すぐに使いまわし敵がたくさん出てくるので、新しい場所に立ち入った時の「今度はどんな魔物が出てくるのかな」という楽しみが薄い。
 ドラゴンも数が多いから仕方がないけど使いまわしが多いのがなぁ。
 イベント敵くらいは新規でもよかったと思う。カマキリはそういう意味で印象深い。

音楽 3点
 元々音楽を気にしないタイプなのでなんといえない。良くも悪くもないかな。
 アイテム入手によってレトロ音源(FC風)にかえられるのは面白かった。
 変えてみたらまんまドラクエっぽいのも中々いい。内容がドラクエ3っぽだけに。
 ただ効果音がそのままなのは残念。
 難しいらしいけど、効果音だけ浮いてしまうのと、海か何かの音楽で耳鳴りのような嫌な音が続くので一回しか使わなかった。

熱中度 4点
 5点あげたいけど、世界樹を5と考えたら4にせざるをえない。
 見える敵は狩りつくしたいタイプなのでついついドラゴンと戦ってしまう。全部倒すまで進まないから必然的に時間がかかる。やったわりには進んでないというのがよくあった。
 それだけ熱中ができたのは認める。
 後は素材ドロップによるアイテムが良い、とかレアドロップのある強敵、とかそういう世界樹的な要素があれば5をあげられたかな。
 避けて通るべきドラゴンが避けなくても大丈夫で倒しちゃうとその後の進行が楽になってしまう、というのも熱中度を下げている要因。

満足感 2点
 熱中はしたが満足感はあまりない。
 無難なできなのだが、良いところは目立たず、悪いところばかり目立つ。
 クエストまわりの不便さだとか、無理やりな物語とか。
 クリアした途端に「もういいや」となってしまった。隠しをやる気がまったくおきない。
 隠しは難易度がだいぶ上がっているらしいが、ぬるぬるだったの今更難しくなっても。
 比較ばかりで申し訳ないが、世界樹だと最初からそこそこ難しく、そのまま段々難しくなっていくので(途中やさしくなるけども)表クリア以降が厳しくても、そのまま楽しめる。高い難易度に徐々に慣れていける、というとこかな。
 たいしてセブンスは序盤の雑魚戦がちょっとびっくりするくらいで、後はさくさく。やり方の問題といえばそれまでだが、世界樹のようにその時点ではものすごい頑張らないと倒せないレベルにドラゴンをしていればよかったわけで。ぬるいところから一気に厳しくなると面倒としか感じられない。

快適さ 0点
 快適さなんて皆無だ。レベル上げればサクサクだけど、上げるのがそもそも作業だからね。
 ほんとクエスト周りの不便さがひどい。これだけで評価を100から50にさげるだけの理由になる。
 街中で依頼を発生させる→クエスト受理→依頼人と話す→クエスト条件を満たして依頼人と話す→クエスト完了報告をクエストでする。
 世界樹をやっているなおのことこの長い手順が嫌になる。
 が、私としてはここまでは許せる。
 何が許せないかってクエストの内容。ほとんどが面倒くさいドロップ集め。
 鳥の羽100枚とか、馬鹿らしくてやる気になれない。報酬もたかがしれている。
 ドロップ率アップのスキルを取ればさくさく取れる、なら百歩譲って許す。
 しかしスキルをとっても「ちょっととれるかな」と感じる程度で目に見えて増えるわけではない。
 クエストにそれぞれ物語があってそれは楽しいだけに残念。
 何をもってこんな面倒くさいことにしたのか理解できない。
 エンカウント率の高さはまあ許せる。それほどダンジョンもフィールドも広くないし、こちらはスキルを取れば0に出来る。
 フロワロ踏みも世界観だから私は納得。
 これをやめろという意見があるが、それじゃ世界観ぶち壊しだと思う。
 そんなことするなら0からまったく別のゲームを作ればいいよ。

難易度 2点
 ドラゴンを狩りながら進めば楽勝、雑魚のみだと(多分)厳しい。
 これがドラゴンはその時点では狩りにくい、避ける余地がある、であれば難易度はあげてもよかった。
 上でも話しているが、今回のシンボルは避ける意味がほとんどないし、何より避けにくい。
 道が狭い上に高速移動していることが多いので避けたくも当たってしまう。
 また当たっても強いには強いがどうにか倒せてしまうわけで、そうなると倒しながら進むほうがレベルも上がって素材で金も手に入っておいしい。避ける意味は先を急ぐくらいになる。
 だいたい、最終的に残数を0にしないと隠しにはいけないわけで、ドラゴンを殲滅するのが物語だから避ける意味はほんとうにない。
 避けたら避けたらで何かある仕様ならまだしも。

総合 49点
 買うことをやめろとまではいわないが、決してオススメするものではない。
 そんなところから半分-1としてみた。
 買って損したとは思わない。他のDSソフトよりもお値段控えめだし、長いこと遊べた。
 が、買って良かったとも思わない。終わって見たら何も残らなかった、記憶的な意味で。
 多くの人が文句をいっているくらい露骨に分かる改善点があり、放置されている。
 それがこのゲームを貶めている最大の要因。
 プレイヤーのことを考えず、「懐かしいRPGみたいなのやりたいんでしょ」的な一方通行な押し付けゲームといっていいかもしれない。私は好きだから許容できたが。
 この 懐かしさ にひかれないでやってしまった人は不幸だろう。
 目新しいことはなく、多くは世界樹の使いまわし、物語もシステムも散々となれば、当たり前。
 もしも続編が出るのならせめてシステム面は改善して欲しい。
 後は職業を増やして欲しいかな。今回はスキルの楽しみがあまりなかった。

 今回はこんなところで。次回はKのレビュー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。